読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むすめん。名前変えたってよって聞いたから行ってきた話。

ホールツアーにいかずにブログが書けるか。いや、書けない。(反語。個人観)

ということで、行ってきました。
MeseMoa.ホールツアー2017 ~むすめん。名前変えたってよ~ 愛知公演
日曜日だったので、翌日の仕事の関係等があり、泣く泣く1部後走って帰る安定のコースです。
2部見たかった。。

で、感想は、
ひったすら楽しい。

今回のアルバム曲は完全にステージ向きだと思う。
もしくはMeseMoa.ちゃんはライブアイドルなんだと思う。
セトリ順には書きませんし、書く曲書かない曲ありますが、
ネタばれ完全NGの方は以下注意願います。


Youtubeで100万再生を達成した話題の『Shadow kiss』は、
あのセットが無くても十分にあの退廃的で綺麗な世界観が体感できます。
キッスしてないので(笑)、安心して楽曲とダンスと歌唱が楽しめます。
…いや、王子様キス寸前の気まぐれ弁当はいるけど。
でもこのポージングめちゃ綺麗なんですよ。
けっこう長い時間キープしてるんだけど、二人とも集中しててとても綺麗。
あと、ぷんちゃんのホットリミット(衣装から覗く太もも)白くて綺麗。。
ちなみに逆サイドも何かしてるはずなんですけど、ここを見ているせいであとはわかりません。
それから、この曲のとみたんは必見。ダンスもですが、歌唱がすごい。気合が伝わってくる迫力です。
やっぱあの曲かっこいいわ。

同日投稿の『ラブチア』も生で見るとめっちゃ元気出る。
音源自体にそういう力はあると思うんだけど、倍増する。
あとあおいくん(今川碧海くん)の「好き!」が破壊力抜群。かわいい。本当にかわいい。

それから、『ニバンセンジ』と『今だけは..』はステージで化ける。
二番煎じくんて身長188cmあるんですけど、本当にかわいいさわやかアイドルになってる。
癖のない歌唱と言われていますが、フラットな感じから跳ねる感じが出てきていて
(実際ぴょこぴょこ跳ねてるけど)。
なんだろう、おしゃれカフェのある通りをイヤホンしながら百面相して練り歩くMVつくろ・・?
オフホワイトに太ボーダーのニットとか着せたい。。(センスは無いです)
あなたモデルのお仕事とかやらないんですか(数年前から言ってる)。。
ってこれはただの願望。

『今だけは』『sealing lights』『Black Rose』『曖昧ジゴロ』とユニット曲があって、
それぞれの色が出るわけなのですが、
『今だけは』のりらぶちゃん(二番煎じ、ノックソ、とみたけ)の一体感たるや。
3人の融合してる感じがめちゃめちゃ好き。
『sealing lights』『Black Rose』は、
それぞれユニット構成メンバーの個性がそれぞれ立つ感じがして、それはそれで楽しいのです。
『sealing lights』は、やっぱりにーちゃんが入ってのあのハモは圧巻。
歌って踊れる3人(にーちゃん、あおい、気まぐれプリンス)が
どどんと歌って踊れるアイドル体現って感じがしました。
『Black Rose』は、野崎弁当さんしか見てないんで、ちょっと待ってほしい・・。
あのステージの推しのすべてが好きすぎて推し以外全然注目できてないから・・・。
とにかく好き。。。
『曖昧ジゴロ』もちょっと待ってほしい・・。楽曲が好きというのもあるんだけど、
野崎さん(歌割は無い)ととみたん交互に見るのに忙しかったからちょっと待って・・。
かっこよすぎか。。


だんだん気持ち悪くなってきたんで休憩しましょう 笑。

応援合戦は3パターンあるみたいですが。
3パターン見るために予定外の手売り行ったくらい全部見たい全部。
イルミィボール思ってたより小さかったです。中くらいのスーパーボールって感じ。
各曲の名前の書かれたかごを持って客席にボール集めにきてくれるメンバーが、
各オリジナルキャラクターの耳とか尻尾とか着けてケモ化してるんですけど、
それが可愛くて仕方ない。
あと、1人1曲じゃないので、推しが出てた曲だけど集めるのは推しじゃないとかもありまして、
今回は私はそのパターンで違うメンバーのかごに入れました。

あとね、やっぱり最バケとうぉーくら楽しいね。
あと、ぜっちゃんの歌割を誰がやってるかというのがわかってきて、
ZENBUとか、うぉーくらとかね、ああ、MeseMoa.バージョンはこれなんやね、って
ちょっと胸をざわつかせて見ていました。
そうか、ZENBUは白さんから始まるのか。うぉーくらで吹き飛ばすのはとみたんなんだなあ。って。

あと、茶推し的にびっくりしたこと。
野崎さんへのコールが「べんとす」と「のざき」が混ざってきてる。
普段あんまり「べんとす」って呼ばないせいだと思うんだけど、これはびっくり。
私はやっぱりコールのときは「べんとす」がいいなあ、って思うので、
これからもつとめて大きな声で呼びたいと思います。
わりとメンバーによって揃ってたり揃ってなかったりあって。煎じくんもパターンあるよね。
にばんくん、せんじくん、せんじ、ばんばん、せんちゃん(昨日後ろの方のかたがそうだった)、とか聞こえてきますね。

 

そうそう、にーちゃんがお休みしていた間のステージを私は見ていなかったけれど、

戻っても制限はあるんだけど、それでも、みんな揃ってると嬉しいね。

「何度ただいまって言うつもりだって思ってると思うんですけどー」みたいなことをMCで言ってたけれど、

おかえりが言えることが幸せだって知ってるから、気にせず治療に取り組んでもらえたらいいなって思っています。


しかしめちゃ楽しかったなあ。

ツアー中にいつも進化するMeseMoa.ちゃんなので、これは後半戦も楽しくなりそう。

 

切り替える話。

さて。
むすめんばー。はじめました。改め
イルミィはたまねぎの夢を見るか?の kyoraです。
(このブログは3月21日に書いたものに加筆修正をしています)

やっとMeseMoa.の現場に行けたので、更新するきっかけができました。

むすめん。中野公演すばらしかったですね。
はればれとした素敵な卒業スペシャルでした。
オレンジのきらっきらの羽織り袴のぜっちゃんが本当に誇らしげに見えました。
推しの野崎さんに関して言えば、
私はぜんぜんわからないほうの人なのですが、
本当に上手になったなあーって心から思います。
もっと出来たんじゃないかとと言っていた頃もありました。
もっと見てほしいと言ってくれたことが嬉しかったし、
見てほしいと思ってくれるまでたくさん努力してくれたことも嬉しかったです。
大舞台ならではの演出も楽しかったですね。
映像演出の逆告白企画については
なぜいつもこの手はひとりだけプロポーズになるのか、

やっぱり年齢かと思っているのは内緒にしません。
9人と1人になりましたが、これからも10人を応援していきたいと思います。

・・・と思いいたるまでにはそれなりにあって、
チェキファイル丸ごと全部信用のおける友人に渡そうと思ったこともありました。
現場怖いとか言ったわりにちょろく2カ月で復帰したし、楽しかったし、
結局のところ推しと一緒に歳をとって、推しといっしょに卒業ルートっぽいです。
好きだよ。

推しがもう来なくていいとでも言わない限りはいなくならないみたいなんで、
私のことが嫌いな人もそれなりにいると思いますがあきらめてください。

ちなみに現場怖いの意味ですが、別に誰にもいじめられてないのでご安心ください。
こんなめんどくさそうなおばちゃんにそんなことする人はいません 笑。
気が合わない人はどこにだっていますが、そこはお互いそっとしておくものですからね。

どこまで彼らに要求していいのかがわからなくなったんですね。
たとえばこういう演目をしてほしいとか、特典会の衣装とか、妄想に近いものから、
整列時間に並んでも買えない物販なんとかならないのかなとか、
そういうことって、最終的に伝わる先が同じなんですよね。
そういうことが傲慢になってないか、みたいなそういう話です。
なっているような気がして怖いなって思いました。実際そうなんでしょうけど。
いいファンでいたいという気持ち。
もっとよくなってほしいという気持ち。
それは私が考えることではないでしょという気持ち。
事務所がなくて『感覚的に近い』ことには、長所と短所がありまして。
言いやすいけど言いにくい。そんなかんじです。


ところで座間の発表なんでしょうね。ぜあらる。さんシャッチョさんとかで会社立ち上げてたら面白いですね。
(当たったらどうしよう・・ほらえぐざいるさん形式好きじゃんしろさん・・)


さあ。週末は生誕祭だ。
わたしの1年でいちばん大事な日!

全部、ぜんぶ、君とだった話。

2012年5月10日から2017年1月22日まで。
1,719 日。
すべての日を応援できること。
ありがとうございます。

全通できたツアーはありません。
平日のイベントにも行けていません。
グッズも全部買ったわけではありません。
見ていない動画もあります。(主に虫のせい)
文句ひとつ言わないような従順さも気の長さも持ち合わせていません。
どれとして手本になるようなファンではありませんでしたが、
どこにでもいるひとり、楽しく応援させていただきました。

10人に勝手にこだわった4年と7カ月。
そこに8人しかいなくても。そこに9人しかいなくても。
私の中では10人でした。
もちろん今は別のステージでご活躍されている薄桃の初代(のちに白)も、青(のちに赤)も、黒も、忘れたことはありません。

楽しい日々でございました。

このうち4年は、イベントが決まっても、すぐにチケットは取れませんでした。
後日出演できるかどうかの発表が個別の表で示されていたり、
○○の出演はありません、などのお知らせがありました。
出演が決まっていても、メンバーが早退する公演があったり、天候の関係で現着できずに揃わないこともありました。
推しに関しては名古屋が鬼門で、なかなか出演できず、3年目あたりでやっとだったと思います。

いないステージをわざわざ見に行って、さみしさでしんどくなったこともありました。

他のメンバーを観る機会と楽しみを見つけるようになりました。

彼らが外部に挑戦するとき。
その出自から、ネット投票では票が集まりすぎる特性がありました。
そのことで叩かれていても黙ってがんばっているのを、
ときには批判に憤慨し、苦しい気持ちで見ていたこともありました。
両立時代、独立時代を問わず、10人揃ったステージを見たのは何回なんだろう。

それでも、この1年が1番楽しかった。

史上最高に楽しさの詰まったステージばかりでした。

いまのみんなの笑顔が1番好きだよ。

わたしの住むところに2回も来てくれてありがとう。

ありがとう。


1/22に私はむすめんばー。としてなにかを置いてくることになるのでしょう。
涙というかたちかもしれないし、声かもしれません。

忘れ物注意。

 

でもきっと、間違いなく夢のような2公演をみせてくれると思います。

伝説のライブで始まったむすめん。のステージは、伝説のライブでひとくぎりでなくちゃ。


とてもとても楽しみです。
寂しさはたくさんあるけど、楽しみもたくさんある。


2/3から 新しい9人を同じくらい応援できるかは 
きっと 10人にかかっています。

もっと 好きにさせてくれるかな。

楽しみ。

 

ライブに行って幸せだった話と頭を整理したい話。

10/16 富山公演行ってきました。

 

幸せでした。
とっても楽しい一日でした。

 

エキサイティングは何度か見たことがありましたが、それでもやっぱり楽しい!

 

Cチームの疑心暗鬼は思っていたより歌もダンスもすごくて、かっこよくて。
すごいね。
歌が苦手って言ってたメンバーの声が大きく強くなって。
ダンスが苦手だって言ってたメンバーがまったくそんなこと感じさせなくて。
また見れるかな。動画にしてほしいなあ 笑。
ところで紫茶の動画編集の進捗はどんなかんじですか(答えは返ってこない)。
あとエムタスの会員特典DVDの進捗はどんなかんじですか(続報待ってます。31日で1年目切れます)。

 

セカステで推しの汗がライトの下で綺麗に弾けたのは驚きましたが 笑、

それだけアツいステージってことで。
ぜっちゃんのソロ、このツアーで初めて見たんですけど、

緊張もしてたと思うけれど、とてもかっこよかったです。


あと、てんてん天使はセンターの大天使ゼアラルを「かわいいかわいい」言って

愛でる演目なので、あんまり推し見てないですけどこれは許してほしい。

きっと誰もが許してくれる。

 

10人のサマビと10人のあすの日に涙持ってかれそうになりましたが、

アンラキが引きもどしてくれました。

ありがとうありがとう。
あと私はアンラキは翡翠を1つ振ると決めている。なんとなく。

忘れて全部茶色かったりするけど。

 

ドリーミングははじめてで、でもこのセトリが一番好きかもしれない。


とみたんのソロは、何回でも見たい。
1部後に撮影会で行ったとき、気合入ってるって言葉は本当だった。
ごめんね、推したりいなくなったり推したり勝手なことしてて、って気持ちになった。勝手に。
DVDにソロ傑作選が入るとしたら絶対入れてほしい。

(なおDVDが出る予定はありません)


ハロメドレーは過去のメドレーより曲数はないんですけど、

完成度がこれまでのものと段違い。

ああ、やっぱりいいなって思ったし、

今やってる曲もまた良くなるんだろうなって、また見たいなって思いました。

 

チャンカパーナはにーちゃんが休止した公演で観たのが最後で。
そのときにハプニングがあった演目だったのですが、
今回最後までうまくいったことにホッとしたことが自分でちょっとおかしいなって思ったりしました。

 

去年来てくれたことが夢のようで。
今年来てくれたことも夢のようで。
どこかぼうっと見ていたみたいなところがあります。
感想がうまく出てこなくて、当日あんまり言えなかったな。

他の特に前半の地域の方に本当に申し訳ないと思いながらも、
10人が揃ったのが本当に嬉しかった。

去年はここににーちゃんがいたらと思い。
今年はぜっちゃんがお休みになって。
そしてもう3ヶ月後には卒業が決定していて。
フルメンバーに異常なこだわりがある自覚はあります。

私の望みを叶えてくれてありがとう。
にーちゃんとぜっちゃんには直接伝えることもできました。

ちなみに私の推しの初現場は2012年の富山なんですが、

この日はその日から1500日目だったので、
話せたメンバーと「もうそんなに経ちましたかー」って懐古話して、
手でそれぞれ15と00作るポーズで撮影会参加しました。

 

朝から友人を迎えに行って、みんなでごはん食べたり、

会場で懐かしい顔を見つけたり、
今日が初めてっていう若いファンの子たちとお話したり。
楽しかったー。

 

はじめてあおいくんと握手したって言いながらとても可愛い顔で笑うんだよ。
白服さんとツーショット撮れるって緊張して待ってるの。可愛い。
前日から出てきて観光しておいしいもの食べたって言ってくれる友人だったり。
最後までは居られないけど来たよって方も何人もいらして。
嬉しかったー。

 

ホールの後方は両部ともそこそこ空席があって。
2部は最後まで見れずにお帰りになる方もいらして。
約2時間の公演で、2部最後まで見ると東名阪行きの終電に乗れないのは
日程が発表された時点ではわかっていたことで。


のっくんがMCで「富山のひと手をあげてー。あれ、少ない」って言ったの

ちょっとしんどかったなあ。
わかってたけど。
学園祭シーズンでね、行けなかった高校生大学生もいました。残念。


あおいくんが「どんな日でも、どんな場所でも、いっぱいにできるようになる」って言ってくれた。
言わせてごめんねって思ってしまうけど。嬉しかった。
売り切れ満員で喜ぶメンバーを見たかった。喜ばせてあげたかった。
他の地域でとても喜んでいたのを見ていたし。
だからっていろんな方法で声をかける以外に私が何をできるわけでもないんだけど。
そもそもこう考えるのも頭おかしいな。

 

いちおう大人なので、2年連続で人が入らない土地の次なんてってやっぱり思いますが、
あっちのお財布事情を気にしてあげるのも普通のファンとしては
それはそれでおかしいだろうので、欲深くまた来てくださいって言います私 笑。

また富山来られね。 むすめん。さん。

 

 


そして。以下はそのあとのお知らせについてです。

私のいま考えていること、感じたことを書いています。

ので、読んでもいい方だけ、続きを読むにてご覧ください。

 

続きを読む

わたしの推し方はこんなんですって話。

「推しメン」。推してるメンバー。略して「推し」って言い方をしたりします。

 

私は野崎弁当さんが一推しです。

メンバーカラーがブラウンなので、通称「茶推し」です。

最初はファンの間で使っていたんですがいつのまにか本人公認の通称になってしまいました。

こういう界隈ワードみたいな言葉は他にもあるので、どこかの機会で触れられたらいいなと思います。

 

二推しは二番煎じさんととみたけさんとノックソさん。

普通に他のメンバーも好きなので結局箱推しです。

ちょっと野崎さんが好きすぎるだけです。

 

ちなみによく使う言葉は以下の2つです。

「推し変はしないけど推し増しはする」

「恋人じゃないから浮気じゃない」

(どうしようめっちゃ頭悪そう)

いやあ日本語って便利な言葉だなあ。

 

基本こんな脳内お花畑な人が自分の推し方ってこんなんですよって

以下つらつら書くだけの記事です。あと推しの宣伝がんがんします。

気をつけて。

 

 

さて。「推し」てるってどういう状態なのかというと。

・ 人や事物を、ある地位・身分にふさわしいものとして、他に薦める。推薦する。

 「候補者に―・す」「優良図書に―・す」

(goo辞書「推す」より)

つまり

わたしの1番この人なんだよ!

わたしの推しはいいぞ!!

好き!!!

 って状態ってことです。わかりやすい。

 

推しのどんなところが好きかと聞かれたら「おもしろいところ」って答えています。

ここらへんの動画のサムネ初見でなんとなく察してもらえると思うのですが

ぜひ見てください再生数のばしてください(直球)

 

こっちが被ってないほう(抜粋)

 

むすめん。の動画もいっぱいあるんですがこちらも泣く泣く抜粋。

気になったら「むすめん。」で動画検索してご覧ください。

 

あとこれははずせないブログ。

ch.nicovideo.jp

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

 

いかんせん活動歴の長い方なので動画選ぶのも息切れみたいなところがあるのですが。

これ全部同じ人なんですよね。

なにこの奇跡。

このひとあたまおかしい。(悪口)

 

一見真面目そうで好青年風じゃないですか。笑顔がとってもすてき。

ちょっと内向的っぽいですけど。

あと見た目の大人加減と中身の中二病抜けてない感じが透けて見える感じ。

(日本語不自由ですみません)

それから何よりこの努力全力。と誠実にあろうとする姿勢。

(包容力と入れようとしてそれは果たして適当か迷ったので書きませんでした)

あと若干のおっちょこちょい。

あーーーーーーーーーーー

愛おしいなーーーーーーーーー。

 

こうなってしまってるから沼からなかなか出られないんですよ。

だって「野崎弁当」として

活動してくれていることがすでに嬉しいから。

(ヤバイって自覚はある)

こういうの盲目っていうらしいですね。

 

こうなったのには理由があるんです。盲目なりに。

「踊ってみた」って趣味ですよね。

いつでも始められていつでも消せる。投稿した動画も、その存在も、です。

「やーめた」っていつだって言えたのに、続けてくれてることがすでに嬉しいんです。

 

だって毎週のようによくやってらしたなって思うんですよ。

平日仕事して休日十勝から東京2日で往復する生活って

そんなに簡単に続けられないもんでしょう。盆も正月もない生活。

目覚ましをかけずに寝たいって言ってる頃。

いつ顔見ても目の下のクマすごかったよ。

ちゃんと寝てるって言ってたけど絶対疲労蓄積してたと思います。

 

でもそういう環境のことはなんにもしてあげられないから。

せめて現場で嫌な思いしていやになってやめるっていうことだけは

それだけはさせたくなくて。

極力応援の手紙を書いて。現場に足を運んで声をあげて。

茶色のサイリウムなんてないから、キンブレシート自作して振って。

グッズもCDも買って。凱旋公演があればお花を贈って。差し入れして。

すっごく平たく言うと

調子に乗らせようとしていました。

気分よくいてくれたら

動画撮ってくれるかもしれないし

ライブ増えるかもしれないし

イベント増えるかもしれないし

CDまた作る気になるかもしれないし

歌割取ろうとしてくれるかもしれないし

センター取ろうとしてくれるかもしれない から。

それは実現すればするほど私が幸せになれるから。

 

いまでこそファンが力になってるって言ってくれるし、

対応もずいぶんいわゆるお砂糖ですけど、当然初期はそんなことなかったんです。

むすめん。が動いてから現場行くようになったからその前はわからないんですが、

最初の頃のライブの後のハイタッチ会、

どーもくんのTシャツ着ていったとき「あっ」って言われた以外、

「お疲れさまでした」「ありがとうございました」以外の会話したことなかったです。

次に違うワード話したのはたじファンのチェキ会のときで、

作っていったロゼットに「へーすごい」でした。

札幌公演でスタンド花をお友達が提案してくれて出したんだよって伝えたときは

驚いたことを教えてくれたし喜んではくれたけど。

「この(お花を出した人数)で僕のファン全部ですね」っていう謎の自虐があって。

そんなわけないのに。数十人のわけないのに。

もうこの頃には推しTもタオルもリストバンドも全部売り切れていたのに。

どうしてそんなこと言うの。ってムキになって

さらに現場数増やしました。

茶推しの友人も積極的に繋がりました。

リプがくればよかったねーって言い合って、

同担拒否みたいなせせこましいこと言ってられませんでした。

でもこのおかげで友人が増えて、

きゃっきゃとお話できる機会が増えて、

いろんなところで会ったり遊んだりするのが

楽しみになったのは本当にありがたいことです。良い出会いをありがとう。

 

とにかく推してるんだってアピールして、

応援してるんだってずーっと言い続けていました。

中野に行きたいって言うならそれを叶えてほしい。

そのためには2222席埋めなきゃいけない。

そのうちの何席かのうち、できるだけ多く茶色のサイリウムを振っているのを

見て欲しかった。

アイドル気取りはきっととっても楽しんでるけど、

むすめん。ファンは増えてほしくても

自分のファンを増やそうとかあんまり興味ないか

私嫌われてるかどっちかだなと思っていました。

だって普通の社会人だもん。そりゃそうだ。普通の反応だよ。

 そこからだんだんちゃんと相手してくれるようになって

(こんなめんどくさいオタクにも)、

気付けばライブ中も通路じゃなくてファンを見るようになってくれて。

 

いまや、ですよ。あれですよ。

あーーーーーーーー、

立派なアイドル進化してるーーーーーー!

嬉しいーーーーー!!! 

 

みたいな感じです。 

 

ビジュアルは普通に好きです。

不健康そうだけど健康な人。

私あんまりリアルな男の人の趣味よくないらしく、

友人いわく私の好みって一般から外れてるらしいんですよ。

なのでZEPPの公演のあたりかな、

それまで推しをイケメンだと認識していませんでした。
なんかとても申し訳ない字面。

いやあの、私の中ではカッコイイけど、世間がそういうかどうかはわかんないじゃん!

でもどうやら今回は世間一般と同じ感覚だったみたいです。

よかった(何が)。

ただそろそろ白髪は染めて欲しいです。アイドルなんだから!!

髪も伸びたからそろそろ東京のサロンとか行っちゃうんでしょ。

楽しみ。 

 

 でも本当に楽しみなのはきっと

今回のツアーで覚醒してくれること。

増えてるはずの練習時間が 足りなくて悔しがっていた彼を

きっとどんどん素敵にしてくれていくと思うので。

丁寧に踊る野崎さんが好きで

だけど未完成のまま踊るしかなかった野崎さんも好きで

もっとうまくできたんじゃないかって気持ちは 無くさなくて良いと思うけど

技術的に上達しているほうがいいに決まってる。

動画は特に振りが入りきらない状態で撮ってるんだろうなってものが多くて

見てみぬふりをした心ないコメントだってあって。

(動画投稿者としては批判コメントなんて気にする精神じゃ

あっという間にやめちゃうことになるから気にもしてないと思うけど)

 

とにかくどんどんかっこよくなってほしいんだ。

どんどんアイドルになってほしいんだ。

チケットがとりにくくなってでも

いつでも取って応援しにいってみせるって こっちも思っているので。

 

というわけで。

わけのわかんない私の話にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 長いな。3000文字ですって!

 

 

 

アラサーOLがアイドル沼にはまった話

タイトルのとおりです。基本的に自分の話しかしていません。

(※この記事は2016/5/10 privetterに投稿したものに加筆修正をして公開しています)

 

さて
だれもがすなる4周年にかこつけた痛歴史振り返り文というものを

我もしてみんとてするなり。

まあ、あんまりもう覚えてないんですけどね!!!
あととんでもなく遠回りします。

長いので本当に暇で暇でしょうがないときだけ見てください。

とりあえずさかのぼること2008年。(ほらもう絶対長いやつ)
ニコニコ動画なる動画投稿サイトに登録。

最初に見たカテゴリは「音楽」でした。
当時の私は某5人組ヴォーカルグループ(代表曲は♪愛してる~ではじまるあの曲)に爆ハマリをしていました。

FCにも入っていたし、自分のファン活動最盛期はほぼ4年程度。

結局北海道から沖縄までライブ遠征を・・・・・・

誰ですかいまと変わってねーじゃねーかって思った人!

そのとおりですけど!

まあそんな生活をしていたと言っても、

富山の田舎暮らしなもので大して遠征なんてできないわけです。
ファンの集いとか2年に1回海外だったし。

いけねーよ1週間とかどこだよニューカレドニアとか思ってたよ。

そこで在宅で楽しみを見つけたくなったわけですが、そこでまず出会っちゃったのが。
「歌ってみた」と「vocaloid」でした。
こうもやすやすと自由に歌っていい空間なんてあるのかと感動したものです。

田舎娘はヴォーカルグループにハマっていたのですから、

基本的に歌が好きで、ハモりが好きでした。

「音楽は好き嫌いせずに全部食え!」精神も相俟って夢中になりました。


そして。

当時はあの「magnet」最盛期。
派生動画がものすごい勢いで投稿されていきました。
そして流行する「腐釣り」・・・笑 

なんですけど、この曲についてはまだほぼ歌ってみたしか見てなかったんですよね。
ぶっちゃけ三次元BLはまあネタとしておもしろいなっていう見方しかしないので、

そこに惹かれたわけではなかったんですね。

で、歌ってみたのライブにいくようになって、

好きなグループができて、活動休止になって、
自分が歌いだしたりして(ここ宣伝)、

ってやってくうちにたどり着くわけです。

「踊ってみた」
たぶん私が最初にハマった踊り手さんは阿部子さんです。

知らない若い子も多いでしょう。
「男女」の踊ってみたあたりからはまったんじゃないかなあ。
そしてぐるぐるサイトを巡っていくうちに。

 

出会っちゃった。

「北海道ダンサーズ」の動画。

チルノのパーフェクトさんすう教室」知っちゃった。

同時期にニコニコ動画が好きな人たちのカラオケオフにも参加をしていました。
当時御三家といわれたボカロ・東方・アイマスが好きなみなさんの集まりです。
日によっては踊ってみたをしてみよう!みたいな日もあったりして、
ハレ晴れとかチルノとかハピシンとかをちょろっとやったりしましたね。

候補曲にぐーのねもあった。

で、やっぱり見るわけです「踊ってみたオフ」。流行ってたし。

ほーらいた、黄色いもじくんかぶってる人。いまの推し 笑。

で、順番がどうだったかはもはやわからないんですが、

いまでは非公開の雪山動画とかそういうのを経て覚えたり、
smilingで歌ってた3人組の白服さんをやっと認識したり、
超会議の踊ってみたブースに出てきた先生と僕を知ったり、
シャクレンジャーやら関西発やら大根のよくわからない動画やら

三多摩の動画やらやとみたけやら・・・

 

そして男子校2年5組です。

なにこれかわいい・・

もう集まって制服ではしゃいでるとかそれだけで正義・・

かわいいは正義・・

 

 

そしてそんな彼らの地元イベントへの出演情報。

だって仕方ないじゃんこんな田舎に来てくれるって言うなら見に行くよ。

タダだし。
富山こすぷれフェスタは毎年秋に行われるコスプレイベント。

初代ダンスロイドさんや1年25組さんやゾンビーズさんなどが先に
ダンシングショータイムというコーナーに出てくださっていて、

2年5組が来てくれたのは3年目の秋でした。
(本当にどうでもいい話ですが、私はこの時9歳下の男性と別れたばかりでしかもその理由になった彼女と彼は同じイベントに遊びに来ていたので個人的にド修羅場でした。)
まあ可愛いんですよ!

個性的で整った見た目の男性が集まってわちゃわちゃしてるのって可愛いんですって。

ほんとに。嘘じゃないです。
しゃべっているだけで可愛いし面白い。踊ったらカッコイイ。
私の荒んだ心は癒されていったのです(謎の誇張)。

でも甘甘全然踊れてない・・

で、これが2012年の9月です。
2012年5月10日「男11人で モーニング娘。 - 恋愛ハンター を踊ってみた」が投稿された後です。
あーかわいかったなあと思っていたら。


2013年3月。

むすめん。単独ライブやるってよ。

うん。行く。

メインはハロとボカロとちょっとだけジャニの振りコピ演目。

オリジナル曲はたった1曲。

それもリーダーが踊りながらみんな出来てるかきょろきょろしながら・・・。

そのへんの男の子がそれぞれに練習してきてるだけですから

上手い下手も激しいし、住んでいる場所がバラバラで通し練習なんて

ほとんど出来なかったと言っていたとおり揃ってないし、いまとは全然違います。

MCも手にした台本を読むだけで震えるような、そんな感じ。

 

それでも。

なにこれめっちゃ楽しい。

めっちゃかわいい。うんうん、がんばったね。うんうん。
あー、楽しかった!!!!

やっぱり大人が本気で遊んでるエンタメは楽しいよ!!!!

(メンバーに未成年がいますがそこはそれってことで)

え?超会議でこのオリジナル曲のCD発売?

うん?

え?あのhalyosyさんが作ったんですよね?

買います。
え?超パであっすーが最後?

あ、行きます。
え?翌日東京ミニライブ? 

行・・・けませんでした。

 

2枚目のオリジナルCDも出てきました。

2013年の富山こすぷれフェスタ。

早乙女として別ユニットでも活動していたノックソさんが来てくれていました。

今とは違って黒髪眼鏡の礼儀正しい青年に見えました。

2枚目の「サマービーナス真夏のアイドル」はこの物販で直接買いました。

余談ですが10種類あるはずのトレカの9割が野崎弁当さんで、

後に友人に「kyoraさんの呪い」といわれました。

もちろんそんなことは無いです。

 

ところで書くのを忘れていましたが私の推しは野崎弁当さんです。(いまさら)

この物販で並んでいたとき前後の女の子に

「誰推しなんですか?」と訊かれて「野崎さんです」と答えた私。

返ってきた次の言葉は「珍しいですね(無邪気)!」でした。

・・・・・なんだろうもやもやする。。。

この話は長くなるのでまた別の機会に。

 

 

そうこうしているうちに秋ごろから全国ツアーの予定が出てきました。

この流れについては正直ちょっと意外でした。そんなに力入れるの?と。

行くけど。


東名阪福。

元々ちょろい遠征勢ですから、日程を確認して・・・
えっと、大阪でしょー、東京でしょー・・
あ、名古屋いけるなーチケット売り切れてるからだれか譲りだしてないかなー
(この界隈では#むすめん というタグが使われています。

当時は同じ趣味の人同士を探すほかにチケット譲渡にも使われていました。

しかし大量申し込み後のキャンセルが相次ぐなどのマイナス面が目立ちだした頃から

あまりその用途での使用は推奨されなくなりました)

 

ところでそもそもなんでそんなに遠征するのって思いますよね?

私が住んでいる北陸というのは「全国ツアーやります(全部行くとは言ってない)」

というのがデフォルトの地域です。

冬は降雪で公演中止や公演時間短縮になることも度々。

待っているだけじゃ

生で見ることも聴くことも叶わないんです。

地方を大事にしてくれるメジャーのアーティストでも3年に1回がいいほう。

10年でたったの3回。大都市じゃ考えられない。

会いたいなら会いに行くしか。

会いにきてくれるのはただの奇跡なんです。

そして、こういうのは生が一番楽しいって思ってるから。

画面の向こうのままじゃもったいない。

まあ実際にはJRとANAにほとんど吸い込まれてるんですけど。

 

 


そして大阪公演で運よく舞台に上がってしまったことも私の勢いに拍車をかけました。
ステージの向こうの演者さんがこんなに優しいとは思いませんでした。
初コーナーで不安だったろうに必死だっただろうにいっぱいフォローしてくれました。
お客さんがこんなに暖かいとは知りませんでした。
その日は白服さんとのっくんの誕生日企画で2色サイリのサプライズもありました。
私はむすめん。がすでに好きだったのがさらに好きになったし、

むすめんばー。も一気に好きになりました。

沼にのめりこむには十分でした。


ん?推しの話とかしないの?
え?にーちゃんがお休みしたときのこととかは?
大雪で2週連続帰宅難民とか、札幌公演の話とかは?
肉フェスとかチェキ会最初どうだったとかドルイベいった話とかは?
っていうか中野の話しなくていいの?



・・・・・・・まったねー!

長すぎる上に眠いので続きは気が向いたら・・・・