Hysteric DIVA と わたし。

とみたけさん。
とみたん。
みんなのおっきい弟。
MeseMoa.のDIVA。
183センチの長身に派手髪。
長い手足で大きな動きが映えるダンス。
にやり、と笑う笑顔にかわいさといたずらさが滲む。
グループと家族が大好き。
後輩が出来て嬉しいお兄さん。
感受性が強く、楽曲の表現力はピカイチ。
それ故ついたキャッチコピーはヒステリックシンガー。

(『New Sunshine』 池袋広告より)
7月生まれ、年齢は非公開(お酒が飲める年齢)。北海道出身。

わたしの、もうひとりの推しです。


グループ加入は2013年4月。
大阪初単独から1か月遅れで加入した唯一の2期メンバー。

元々あった踊り手(動画投稿サイト『ニコニコ動画』の『踊ってみた』カテゴリに投稿している人たちの総称)の
6人グループ「男子校2年5組」から、4名が加入した「むすめん。(MeseMoa.改名前のグループ名)」。

加入していなかった「とみたけ」「巫覡夜徒」(通称「やとみたけ」)の2名は、
グループには所属しないながらも、ステージにゲスト出演したり、裏方を手伝うなど仲の良さが見られました。
(※このころ、踊ってみた系の自主制作のライブは珍しく、親交のある踊り手さんたちが表も裏も結集して作られていました。
  その中で今でもスタッフとして支えてくれているのが現マネージャの方々です。)

2人は特に近い存在で、中でもとみたんは、「おれもむすめん。にはいりたい!」と熱望し、
その年のニコニコ超パーティのステージを客席で見たその翌日、東京単独ライブにて加入が決定。
そして年末のにーちゃん休止、中野サンプラザ公演への思いを強くした冬は、
関東50年に1度の大雪と言われた年でした。
雪に阻まれ、北海道から到着することができなかったイベントもありました。
リアルタイムでツイートしてくれて、
どうにか行けないかと模索してくれましたが、悔しさが溢れた日でもありました。

加入当初から歌は上手かったのですが、踊りはいわゆる「ゆるふわ」で、
揃ったものを求められる振りコピユニットには向かないのではないかという声があったことを、
当時、私たちも、そして本人も、知っていました。動画のコメントにありましたから。

「薄桃」は実は2代目です。
前メンバーは当時実力人気を兼ね備えた方で、その枠に入る、ということで、
他人というのは勝手なもので、当時のファンからの反発がなかったわけではありませんでした。
だから7年の時を経た現在、後輩のパンダドラゴンや研修生の子たちをいっそう面倒みてあげたくなるのかもしれません。

私は初期のツアーで、ステージに上がらせてもらったことがあります。
『whole new world 』のジャスミン役を客席から選んだのですが、
じゃんけんで選んだ子がやっぱり歌えない、ということで、すぐ歌える人、というので挙手したら当たった、という顛末です。
彼自身が初のソロステージだったのに、落ち着かせるように笑ってくれました。
袖でも、自分だって緊張するのに、人のことばかりで。
当時はライブ後の退場でお見送りがあったのですが、その時掴んだ手は震えていたように思います。
不安だったよね。そうだよね。

たしかに敬語ができないというところはありましたが、決して目立ちたがりの勝手な子ではありませんでした。
あの頃、彼の言う、「ありがとねえ」が大好きでした。今も好きだけど!

当時は差し入れも常識の範囲内で自由だったので、
もらった差し入れのお菓子ををベッドに広げて、端から食べるのが好きなんだと、いつだか教えてくれました。
いまは聖誕祭などの特別なイベントだけになったけれど、いまも楽しくプレゼントを開けてくれているといいなあって思います。

結成数年は体がオーバーワークを起こしていたのかもしれません。
発熱もしがちで、扁桃炎になって急遽公演に出られないことがありました。
私はいまでも、いつもは明るく振る舞う彼が、
「おれ、だいじなときにいないんだ」とスノーミーイベントで言った声を忘れることができません。

それからほどなくして、活動の幅が広がるとともに早々に北海道から上京。
東京寮組(白服、気まぐれプリンス、とみたけ、ぜあらる。(※現DD社長))は、あおいと共に初期の活動の中心となりました。
経験者ではない彼には相当大変だったと思いますが、ここでぐっと踊れるようになった時期だったように思います。
コミュニケーションの仕方も、だんだんと破天荒さがとれていきました。

どういうことかと言うと、当時は学業や仕事の傍らの活動だったため、同じ曲でも
9人の振り付け・フォーメーションのほかに、出られないメンバーを除く8人、7人、5人バージョンなどが存在しました。
いまでは考えられませんが、ツアーが発表されたとき、どの日に誰が出演するかという表がありました。
イベントが発表されても、推しが出るかどうかわからないことが当たり前の時代でした。
だから、10人(ぜあらる。さん卒業前)や、9人が揃っている、ということは、あの頃のファンにとっては当然ではありません。
ひとりひとりが続けてくれたことも、活動に本格的に取り組んでくれたことも、奇跡のひとつだと思っています。
そうそう、
47都道府県ツアーのとき、とみたんは、トラライ。が目標なんだと教えてくれました。
そこにまず定めているんだって。ペラペラ言わないでって言われるかな 笑。
力をつけたい、並びたい、それが彼の成長の原動力なんだなって、知りました。
『Shadow kiss』お披露目の肉フェスで、私、彼が泣いているように見えたんです。
でも、その時点でそういう苦しい愛情の表現ができる人になったってことだったんですよね。
ああ、すごいなって、思いました。

彼は多分、すごく人間関係に重きを置く子だと思います。
最初のパートナーのこと、いまでもずっと大切にしてることを、OADのときに実感しました。
だから、いまのメンバーのことも、新しい仲間も、ずーっと大事にすると思う。
ファンも、応援を力にしてがんばって返してくれて、私たちも大事にしてくれていますよね。
人を大事にできる子は、大事にされてこそ輝く。
だから私は彼を大事に思いたいし、傷つけたくないし、
そういう子だから、いろんな人に愛されている彼を見るのが、私は幸せです。

 


腰痛など体調不良や不運に泣かされた1年になっちゃったと思うけど、
2018年はまだ2か月あるから、ぜひ大どんでん返しを期待してます。
いろいろ出てきそうな動画も、超パも、ファイナルも楽しみ。

いっぱいいっぱい愛されて、幸せになってほしいし、
歌やダンスやお芝居でそれ以上の幸せを届けてくれる力をつけて上がってきてるから、

はやく世に見つかって、たくさんの愛にたくさんの愛でみんなはっぴーになろーーーーーーーーーーー!

 

 ここから下はわたしのことなので、

読んでもあまり得はしませんが、ご興味があれば。

続きを読む

『New Sunshine』感想文のはずの何か。

公開されましたね。『New Sunshine』
『NS』とかって略されるんですかね。磁石みたいだ。
野崎弁当センター&プロデュース曲ですね。
嬉しいなあ。

野崎さんのマイリスを詰め込んだような曲だなって思いました。
『野崎弁当のストーリー』とでも表現したらいいのかな。
多分彼のniconicoのマイリストをざざーっと見てもらえるとなんとなく感じたことがわかってもらえるのではないかなあ。


曲調ついては、デジタリック→0が好きって言ってたし、
ゲーム好きも公言しているし、RPGが好きなことも過去の動画や発言などから窺い知れるので、
テクノポップに寄るのかなと思っていたフシがありました。
ここまでゲームネタ・メディアネタが入るのは予想外だったけれど、
小ネタ満載なところも含めて、半分MADに近い感覚で見ているところがあります。

で、全体の第一印象としては、
『こんなの、 むすめん。じゃん。』です。
個々がばらばらに集まって、くっついて、わちゃわちゃしてて
めっちゃすごいことができるとかそういうんじゃないかもしれないけど、
実はすごいことになってきてる期待感と多幸感っていうか。
むすめん。の未来がめせもあ。だって、ちゃんと続いてるんだって、実感させてもらったなって思いました。

シャドキスもラブチアもMWもMissMoa.もなんかどこかやっぱり前とは違うのかなって、
カッコよさや可愛さが洗練されていくにつれ、
すごいなあと思うと同時に、むすめん。とめせもあ。は一線違う感覚がありました。

篠原社長が会社を立ち上げてくれたことはとても嬉しいことで、
でも、割とアイドル時代と変わらないプレイングマネージャ的な表のお仕事も多くて。
スイッチを自分で切り替え損ねてしまってそこに慣れきれない部分があったんだと思います。
自分だけではないのはもちろんわかったうえで。
ぜっちゃんの休止中、やっぱりずっと復帰を祈っていたから。待っているつもりだったから。
あの神奈川の日、知った時、いままでで一番泣いたんだった。
でも、それが新しい門出のお話だったから、
卒業した後が寂しいとかそういう話は自分の話で、自分で乗り越えればいい話で、
私は橙単推しでもなかったし、誰に知られることもなく、
なんなら自分で気づくこともなく12月になってしまっていたんだなあ。

いや、茶推しなんだから野崎さんの話するつもりでこれ書き始めたんですけど、
話が逸れても許してください。たぶんたくさん寄り道をします 笑。

で、ですね。あの冒頭から画面いっぱいの笑顔ですよ。
『今日も笑顔、笑顔。』の自己紹介の子が、最大の自己アピールをしています。

笑顔の裏に、いろんなことがあったと、白さんやいろんな方がむすめん。時代のことを紐解いてくれましたね。

過去、FM360というイベント日に、関東は2週連続の大雪で、北海道組は飛行機の欠航によって現着が難しく。
結局とみたんは間に合わず出られなかった。
本当に悔しかったんだと思います。
ツイートは北海道の吹雪の中、どうにかできないかと走り回ったことも、悔しいことも綴ってくれていました。
翌日のイベントは出られていたので、よかった、と思いました。
それからしばらくして彼が上京してシェアハウスに入ったのは、自然なことに思えました。
その前から計画はあったんでしょうけれど、距離がもどかしいことがずっとあったんじゃないのかな。
そのあと夏のイベントで、
その前に体調を崩してしまったこともあった彼は、「だいじなときにいないんだ」とさみしそうだったこともありました。
いまはね、もうそんなこと言わないしっかりした男性になりましたよね。強い子偉い子。

一方で野崎さんは、十勝からは飛んだものがあったのか、新千歳発でも飛んだものがあったのか、
はたまた別の空港発だったのかは不明ですが、
「奇跡的に来れました」と事もなげに微笑みながら言っていたことを覚えています。
お仕事が終わってからしか移動出来ないはずで、なんらか大変だったでしょうに。

これは別の時期に話していたことですが、イベントや練習が終わって北海道に戻ると、
空港から数時間自家用車を運転しておうちに帰るのだと言っていました。
音楽やラジオを聴いたり、ガムを噛んだり、歌ったりするのでは眠りそうになるので、叫びながら運転していたそうです。
対向車のドライバーは必死の形相が見えて怖かっただろう、なんて笑い話にしていましたが、
くたくたの体で真夜中の長距離運転です。
多分活動後半につれ頻度も多くて相当大変だったという想像は難くないです。
そこまでしてくれたのはなんでだったんだろう。
1年の半分は道路が凍っているのではという地理的条件も相まって、帰宅後や翌日のツイートを待ったものです。
生きて帰ってくれたかどうかを、待っていました。
毎週のように推しの無事を確認するドルヲタあんまりいませんよね 笑。
でも、帰宅ツイートを見ると、ツイートなんてしなくていいから早く寝て、なんてリプばかりでした。
だって次のイベントだって目の下真っ黒でした。
あと、以前聖誕祭前に電気ストーブの前で寝落ちして前髪焦げ落としてましたよね。
普通電気ストーブに直にくっついていたら熱くて起きますよね。本当に火傷もなく大事に至らなくてよかったです。
ちゃんと寝れるときに寝てくださいね、なんて言うと、
意外と寝ているんですよ、なんて、そう言うから、そういうことにしておきました 笑
本人がそうしたいなら、そう言うなら、そうして信じていることにすることも、応援だと思っています。

でも、大変なのにがんばったからすごい、じゃなくて。
いや、すごい意志の通し方ですごいなって思うけれど。
いちばんは、がんばってくれたことが嬉しい。
がんばってくれてありがとう。おかげで元気をもらっています。なんです。伝わるかな。

楽しませてくれたから私たちの前で見せてくれたものが素敵だから好きなんです。結果から好きなんです。
それまでにあったいろんなことや努力をしてくれたこと、すごいって思います。
でも、それを見せないようにしてくれる姿勢が、笑顔が、また美しく思えるのです。

Rabbit Jump!!の時だったか、いつだったか忘れましたが、
白さんは、結果が出ている人間をクローズアップする、均等に映すことはしません、というブロマガかなにかをあげていて、
ぶっちゃけ私はその頃あたりは大いに拗ねていたので、いまだからこう思うのかも。

でも、努力の人というのはきっとどのメンバーにも言えます。
今回の冬のスケジュールもみんな大変そうなのに、ずっと笑顔でいてくれますよね。
特に今回二番煎じくんは、写真集と朗読劇のハードスケジュールのあとにすぐまたミュージカルでしたね。
写真集のリリイベ行きましたが、この人プロだなあって思いました。
相変わらず君は朗らかに笑うね。(とみたんももちろん、素晴らしかったですよ!)
朗読劇といえばにーちゃんもですね。
二人は演技経験がほとんどないところにさらに短期間で2つのキャラクターを演じなければならなかった。
朗読劇は残念ながら未観劇なのでDVDが届くまでわかりませんが、
私の周りではにーちゃんのマルコシアス役はとんでもなく好評でしたし、
二番くんのウルマニノフ役も愛されていました。
にーちゃんは2度の休止、お芝居は前回初主演を代役に譲るかたちになって、
この冬はある意味挽回の機会だったのではないでしょうか。
気合が入ったコメントがいくつも出ていましたよね。
先日CRY FOR THE MOONを観劇して、ああ、やっぱりみんな素敵だなあってしみじみ思いました。
がんばって取り組んだ結果、きちんと素晴らしいものを見せてくれるから素敵だなあって思うし、好きだなあって思います。

今回、10人でハーモニーついてたのは個人的に本当に嬉しかったな。
ニゾンじゃなくて。ハモがついて。
こんな10人を見られる未来があるとは思っていなかったから。
ミュージカルとして、キャラクターとストーリーを観ると同時に、
ああ、見たかった未来がここで、と思った部分でした。
作品について触れるとまだ観劇していない方がいらっしゃるので、またの機会に。
かぐや様は本当にキュートだし、月詠と静というキャラクターが異様に好きです。
弓弦と賢者のBBF組はまた演技が上手になったように感じました。
ぜひ迷っている方は当日券狙いで行ってみてください。とてもおもしろいです。

いやだから、New Sunshine の話をな!?
まだ最初の映ったところしか書いてないからな!?

でも、転職をするにあたって決心した心もちなどは私には知り得ない話だから書けないし。

あ、階段降りの話をします。
螺旋階段を降りてくるところで、ニコニコだと、「天使」ってコメントがたくさんあるんですよね。
恋愛サーキュレーションで1度「妖精」と言われ、
その後「地獄」「妖怪」と言われた人が、ここで「天使」に返り咲きですよ。
いや、てんてん天使で天使だったけどさ。
天使になれると思った子どもが「大天使」ってコメントついてるのおもしろすぎません????

個人的には「宝塚感」ってコメントに大いに賛同します。
ぱっとした笑顔だし、顔立ちもヅカ顔だし、ぽくないですか?
(元タカラジェンヌ大和悠河さん演じるタキシード仮面に似てるって散々言ってるんですけどなかなか同意が得られない)

なんにしても、この動画はニコニコで見るのがしっくりくると思う。
youtubeのほうが綺麗なのもわかるし、軽いし。
だけど、せめて1回はあのコメント弾幕を見てほしいので、ぜひ会員登録のある方は見てみてください。
絶対後悔しないと思います。

この新曲、発売日が12月31日です。
きっとカウントダウンコンサートでお披露目になると思っています。

生で見たい。はやく見たい。
ちゃんと見れるかな。
そもそもライブ久々だし、見た瞬間泣くかもしれないし、
初見で涙で見れなくなったら、2部で一生懸命目見開かないと。目玉こぼれるくらい。
だから2回ともやってもらわないと 笑。


週末が、年末がとても楽しみです。
私が願った未来が またひとつ叶う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末のリリイベと茶推しの話。(とても長い)

行ってきました。
『とみたん』と『煎じ』の写真集リリースイベント。

立って交流することがあまりないメンバーなので、
やっぱりツインタワー大きいなって思いました 笑。
煎じくんとの交流といえば過去個別握手1回、
チェキ券は最近では「なのは完売」レベルで「二番煎じ完売」なので、
「お元気でしたか」と言われる始末ですが、写真集発売おめでとうが伝えられて
よかったです。そしてやっぱり手が冷たいし顔がきれいだし大きい。
多分感触はメンバーで一番好きだと思う(大きい冷たい指が長い)。
怒涛のスケジュールで疲れているだろうに、アイドルスマイルで乗り切る姿に
涙が出るかと思いました。(出てない)
なお中身については、セーター姿も可愛いですが、私は暖色系のトレーナー着てるショットが好きです。

とみたんとはこんなに写真撮るのは久々で、ポーズとんじゃったのが申し訳なかったんだけれど、
いろんな表情で写ってくれたので、とってもいいお写真になりました。
いつ行っても優しくてかわいい子。身長20センチくらい違うのに自然に合わせてくれる。
ストレートに言葉をくれる。いつもありがとう。
あといつ握手してもあったかいので、安心します。男の人の手って感じする。
元気をもらえるので、みなさんぜひ!(撮影券はつねに激戦)
写真集と撮ったツーショットはいま私のケータイの待ち受けになっています。
(ロック画面なので会社の人に見られるイコールオタバレするよ。)
中身については帰りにゆっくり見たのですが、私は最後のライダース着てるのと、
丸サングラスのショットが好き。
そうそう、お酒飲みながらのオールナイトのトークショーを互いに望んでいることがわかったので、
篠原社長よろしくお願いします 笑!

なかなか会えない友人にもたくさん会えました。
何ですぐ駆けつけるか知ってる身内のみなさんすぐ教えてくれてありがとうございました 笑。
それで泣きかけたのは本当です。(なにしに行ったんじゃ)
やっと写真集のリリイベに行けたというのもありました。
KISSも名前変えたってよも行けなくて、だから今回行けてよかったです。
直接おめでとうも伝えられるし、感想も伝えられるし。
この子撮影券全然取れないから、こういう機会って助かります。

そして、深夜のニコ生。
なんだろうもうこの人愛しいな。って頭抱えるしかなかった。
嬉しくないわけがない。
この日はいちにち薄桃推しのはずだったのに。
たった1日も離してはくれないらしい。幸せだなあ。

やりたいことをしていいはずなのに、やりたいことがファンの望むことだという。
推しにお返しをするのだと。そういう企画書をすぐに出したのだと。
嬉しい。
センターはセンターだけど、全員に見せ場があるだろうことも嬉しい。

むすめん。時代。
4枚目のシングルあたりからぐっと歌割が減ったのも、いつも後方端にいるフォーメーションだったのも、
映像に映っていることが少ないことも、ソロverのダンスショットにバストショットが多いのもずっとさみしかった。
Don't look back は本当はソロの予定が、2人曲になったのだと知ったときも、
不在時にカバーできるようにするためなのかと思いました。
2014年の東京公演初日、この曲をやったのに、ちゃんといたのに、地獄幽霊ではなかったことにショックを受けました。
アンコールの演目に、練習が間に合わなくてずいぶん後半になるまで参加できなかった。
それがとても悔しそうで、でも最終日に間に合ったのが嬉しそうで。
だけど、当時の私には、その推しの出番の少ないステージは、推しのいないまだ見えていなかった未来の形に見えました。

東京在住組のファンの子たちが羨ましかった。
イベントはあっても出演するかわからなかった。
平日にはイベント参加がないから、東京寮組のファンは大変だね、なんて言っていたこともありました。
新作の動画が出るたび、まず参加してるかを見るんです。それから後方端から確認するんです。
信号機のファンの子にはきっとわからないと拗ねていたこともありました。

一方で、いち社会人で、地方在住であるという事実は受け止めていたので、
それ以上を望むことは自分の感情としても現実としてもなかったです。
過去の記事で既出ですが、負担をかけた結果苦しくなって辞めてしまわれることがいちばん恐れていることでした。
いずれこの人は普通の人に戻るのだけれど、願わくばその日が穏やかに緩やかに訪れたらいいのにと思っていました。
そして焦っていました。
いつか茶色いサイリウムの海を見せてあげたい。
これは1stDVDを茶推しの友人たちと見たときに私が言った言葉で、何度かtwitterでも書きました。
「いるうちに」とは言わなかったのは、徒に不安にさせたくなかったからです。
でもきっとみんな口に出さないだけで、芸能人でないひとを応援しているという事実に、
きっと長くは応援できないだろう、と、この時期の茶推しは割り切っていた人が多かったと思います。
どうみても10代~20代前半ではなかったし、ライフワークバランスが仕事に傾く年頃だろうと思っていましたし、
実際そういう話も出ていました。急に仕事が忙しくなって、と。
いるうちに、ファンがたくさん増えたら喜んでくれるだろうか。
たくさんいい思い出を持っていってほしいな・・。
だから短期決戦のように現場に行っていたのかもしれません。今思うと、ですが。


本人に望みを口にしたのは仕事にすると決まってからだったと思います。
その前に気づいていたかもしれませんが、それはわかりません。
エゴサ?リスト?知らない知らないまんじゅうこわい

グループの背中を守ると言っていたけれど、私は貴方が前にいるのが見たいと。

時折公開される文章は奔放なのに、動画もあんなに型破りなのに、
推しを見るのに疲れたら僕を見てください。なんて言う人でした。
自由行動で駆け寄ると僕でいいんですか。なんて言う人でした。
でも、大雪で帰れないと告げるとびっくりするほど怖い顔で心配してくれる人でした。
自分だって大変な思いをして移動したのに。帰れるかもわからないのに。
いつでも私たちを尊重して大切にしてくれる人です。


私個人への営業言葉より、今回の発言のほうが嬉しかったので、
これは恋ではなく、野崎弁当という存在が好きなんだろうなと思います。
だから大事にしたいと思うし、悲しませたくないし、いい景色を見せてあげたい。

そうそう、私自身はファンとしては長い方だと思います。
でも、いつ好きになったとかそういうもので、私より上とか下とか強いとか弱いとか、競う気持ちはありません。

あ、一人だけ明確に上がいますが、これは個人的な崇拝なので除くとして。

好きなものに出会ったときの出会った!って感覚はそのときのその人のものだし、
いま好きなのも、過去のどこかの時点で好きなのも、未来のどこかの時点で好きなのも、
それはそれで好きであることに変わりはないと思うんですね。
現在その1点では同じ。好きなところもきっと違うし。だから比べてもしょうがない。

同じゲームアプリでも、システムがver1.00のゲームとver5.20のゲームってチュートリアルから違うじゃないですか。
システムがアップデートされた同一タイトルやってるようなものかなと思っています。
だから、今はないイベントもあるかもしれないし、復刻イベントもあるし、今しかないイベントもあるわけです。
でもそれぞれ楽しいじゃないですか。レベルはいつか追いつくし、レベル差よりデッキの優秀さが必要だったり。
初期プレゼントはもらえないかもしれないけど、
5周年新規限定プレゼントがあったり、課金でばーんと進むことだってできるわけです。(おっと。。)
人間として性格が合う合わないとは別の話で、
お互いに菩薩でも女神でもないので、仲良くなれるかはわかりません。
仲良くしてたら微笑ましく見られるし私は楽しいけど、
楽しむことができるなら、別にひとりでもいいんですよ。
でも、お茶会勢(不定期開催の茶推しのお茶会というオフ参加組)に限らず、茶推しさんに限らず、
仲良くしてもらってる人との縁があったからこその楽しかったことというのもたくさんあるので、
ぜひ自分が楽しいと思える場所を見つけてほしいなとも思います。


はー、しかし、しかしですよ。
野崎弁当を推していることを後悔させないからついておいで。なんて。
これが幸せ以外のなんだというの。

はやく見たいな。聴きたいな。2ndシングル。

 

 

ところで有効期限が11/30のFCの支払締切が11/30みたいなんだけど、

10月に支払済ませていても

これ次の会員証ない状態で12月に入るってこと・・・?

あと2日のうちに届くのかな・・?

夏の終わりのお話。

さて。終わりましたね。
Mステへの階段 ウルトラオーディション
私のフォロワーさん、呼びかけに応えてくださったみなさま、
本当にありがとうございました。お騒がせいたしました。
おかげさまできちんとした環境でパフォーマンスさせていただける機会が
彼らに巡りました。心から感謝申し上げます。

出場が決まったグランプリのアーティストさんはぜひ

素晴らしいステージをしていただきたいですし、

また、必ず素敵なステージを見せてくださると思っています。

 

 


・・・・・どうも太鼓持ちでーす!
(これくらい言わせてください)

 

ええとですね。
私はMeseMoa.のファンなので。
この結果にいろいろ言いたい人がいることもわかります。
納得できないこともあるのはわかります。

でもね
これは番組なんです。
主催がいて、求める姿というのは決まっているわけです。
決して出来レという意味ではありません。
私は悪魔の証明を求めているわけではありません。

こういうひとがいいなーというのは、当然あるものです。
たとえば飲み物が飲みたい、というときに、
そのときのどが渇いているからお水かスポーツドリンクとか、
ゆっくりしたいからミルクたっぷりのコーヒーとか、だいたいあるでしょ。
で、最後いくつか候補絞って1こ選ぶでしょ。
でもあるときはほかのもの選んだりもするでしょ。
その基準ものさしにのっとって決まったものですよね。

だからね、否定されたとは思わなくていいと思うんです。

10組みんな違ってそれぞれ素敵に見えたでしょう?
誰が出てもおかしくない方々でしたよね。
10組で対バンライブやってほしいくらい。本当に。
クラウドファンディングとかするならお金出す人いると思う。(挙手)
楽曲を見て聴いて感じたものが正解だと思いますし、当然好みがありますよ。
専門性を持った方ならなおのこといろんな視点をお持ちと思います。

私はMeseMoa.が好きです。そういう人の集まりがイルミィです。
そこまでじゃなくても気にしてくれる人もたくさんいます。

公式から出た動画の再生数コメント数はぶっちぎりトップです。
書いている時点で7万8千回を超えていました。
web投票はわかっている限り1位です。

つまり そうだこれは1位だ。


先方が出したい姿とマッチングしなかっただけです。
彼らはあのとき最高のパフォーマンスをしたと思っています。
彼らを誇らしく思います。

私は変わらず彼らや彼らのパフォーマンスが好きです。

最後に登場したときのみんなの顔が忘れられません。

最後まできちんと前を向いていてくれました。
彼ら自体の魅力も実力も努力も可愛さも見ていた人には必ず伝わったと思いますし、
こんなに熱意あるファンがくっついていることも同時に伝わった気がします。
前者はどんどん広まってほしいですが、後者はまあ・・オマケですオマケ。


そりゃいいたいことあるんですよ。
この採点方式でトップバッターは厳しいですし、
予選トップが最初って珍しいし、
視聴者投票ができるっていうから見てたら当日させてもらえなかったですから、
力になりたかったのになれなかった悔しさですよ。
もしさせてもらえていたら
絶対1票はうちの子たちだった自信があったから悔しいんですよ。

ネットで人気があるということを最終審査に考慮に入れませんということです。
今回はそういう基準でした。
それだけですからあまり落ち込まないでほしいなあと思います。

ちなみに。
私は他を落として好きなものを上げる、という考え方が嫌いです。
好きなことをこれだけ好きなんだよ!楽しいよ!だからいかがですか!!って言っていたい。
きれいごとだけど。
○○はダメだ、だから上なんだ、みたいなのはどちらにも失礼で、
むしろそういう発言をした人ごと伝わるイメージはマイナスです。
それは、今回、ある部分でよく感じたことだと思います。

あらやだ真面目。
でも今回割と力入れたんで、やっぱりしんどいですよ。
現場行こう現場。動画見よう動画。新曲聴き倒そう。
きっと笑顔になって帰ってこれるはずだから。

それから出会った音楽はどれを好きになってもいいと思う。

好きだという心は自由だから、

ここで見つけたアーティストさんを好きになることは

素敵な出会いができたってことです。

 


さて最後に 

各放送局さん、視聴率上乗せいりませんか!
ネットの情報拡散もついてきます!トレンド入り確実!
番組画面のスクショや動画の拡散は
普段から気を付けてるからそれほどないです!

脱サラして夢を追いかけてる大人の話とか

大人の事情で休んでいたメンバーがどうやって戻ったかってストーリーとか

最年少の確固たるエース話とか

ただただ好きでここまで夢が叶うって夢物語が現実になってるお話

いかがですか!
12万人のチャンネル登録数から取れる数字いりませんかー!
あと何とかTVさん出してくれたからっていう贔屓しますよ!

スポンサーさん、何か使わせたら一時的な売り上げは上がりますよ。

単価数千円くらいだと間違いなく、特に年齢の高いメンバーのファンは1回は買います。

それがお取り寄せだろうと買いまわる必要があろうと、

『お揃い』が嬉しいので、金額の問題ではありません。

それで製品がよかったらリピーターつきます。

ソースは6年ここのファンをやってるアラサーOLの私です!

 

という1ファンの投稿でございました。

最後まで閲覧ありがとうございました。

異論などDM解放しておりますのでいただくことができますが、

礼儀を欠いたものは容赦なくさらしますのでご了承ください。

好きになるものは似てる話。(ゴスマニアさんに向けて沼のご紹介)

さて。
連日『Mステへの階段』投票ツイートでお騒がせしておりますm(__)m
kyoraです。
これなんですが、

www.tv-asahi.co.jp


もしよろしければご協力お願いします。(直球)

 

実は彼らこんな動画も撮ってるんです。


楽屋でゴスペラーズの「ひとり」を歌ってるだけ


またこいつらゴスペラーズの「ひとり」歌ってやがる


で、なんでこんなブログ書こうと思ったかっていうと、

上記の件で、
『理由あってアイドル』って共通点 &

Mステ(番組名)とエムステ(ゲーム名)で

アイドルマスターsideMのプロデューサーさんたちと

Mステ投票とエムステ事前登録で協力繁栄みたいなびっくり案件がありまして。

(こちらもアプリゲームなさる方はぜひ)

prereg.bn-ent.net

 

それで、彼らの『理由あって』、のところを紹介している方がいらしたんですね。
それを見てゴスと共通点当てはめたらどうなるかなーって思ったんです。
ゴスぺラーズはアイドルじゃなくてボーカルグループなんだけど。
付け焼刃の話より、こっちのほうが私が書く意味はあるんじゃないかなって。

ということを踏まえまして、よろしければ以下ご一読いただければと思います。

 

 

突然ですが、

ゴスマニさんて

①仲良くわちゃわちゃグループワークをずっとしてて

②安定した未来はどっかに置いてきてて

③試行錯誤の末好きな方向に振り切ったら受け入れられて

④個人がそれぞれとっても真面目かつ愛らしくて

⑤全力で大人の悪ふざけをしてる

いい歳の男の人たち

お好きじゃないですか?

 


ゴスぺラーズは大学のアカペラサークル出身でストリート出身。

f:id:kyora_az:20170803091440j:plain

ゴスペラーズ公式サイト|GosTV


対してMeseMoa.は動画投稿サイトの趣味の合う投稿者の集まり。

f:id:kyora_az:20170803091108j:plain

MeseMoa.公式ホームページ


『同好の士』で集まった彼ら。
ニコニコ風にいうと『野生』のグループなんですよね。
音楽を勉強したわけではないグループ。
リアルに路上なのか、ネットっていうバーチャルかの違いはあれど
『そこら辺』出身なんですよね。
そしてざっくりとした解釈をすると、
R&B系ブラックミュージックのオタクが歌うたいになったのがゴス。
アイドルオタクがダンスボーカルグループになったのがめせもあ。

 

それから、MeseMoa.のライブは全編ちゃんと歌ってます。
踊りながらで多少の被せもあるけど基本生歌です。
しっかり3声ハモありますよ。


【MeseMoa. - Sealing Lights】MeseMoa.ホールツアー2017より

 


【MeseMoa - 今だけは・・・】MeseMoa.ホールツアー2017より


黒沢さんのハイトーンボイスに、にーちゃんのハイトーンボイスはどことなく重なる。

f:id:kyora_az:20170803091828j:plain

にーちゃん(めせもあ。) (@n1chan) | Twitter


一度聴いてみてほしい(上のsealing lightsのほう)。
なんとなく言ってることが伝わる気がする。

ちょっとぐずっても可愛いお兄ちゃんってところもなんとなく似てるし 笑。


お料理好きでおしゃれな黒沢さん。(永遠にの人)

www.kaorukurosawa.com


同じくお料理キャスもしたり流行に敏感なとみたけさん。

f:id:kyora_az:20170803085446j:plain

とみたけ⛈(めせもあ。) (@tomitake723) | Twitter


いつも笑顔で歌い上げ系が得意で歌が大好きって全身で

言ってるところがそっくり。
あとぽやんとしてるけど野心家なところも、ちょっと喉が心配なところも、
メンバーにごはん作ってふるまっちゃうところも。
ちなみに先日のキャスではとみたけさんカレー作ってた。
黒沢さんはカレー本何冊も出すくらいカレー好き(この人はアーティストです)。
物販でレトルトカレーシリーズで出てた(このグループはボーカルグループです)。
主催のフェスで自作のカレースタンド出してた(こn 以下略)。


そして、リーダーがどっちも色黒でアイドルオタク 笑。
村上さん(ひとりの人。サングラス)はめっちゃ詳しいデータ型のアイドルオタクで、
話させると本当に熱い方なんだけど、
MeseMoa.はリーダー白服さん、サブリーダー気まぐれプリンスさん

f:id:kyora_az:20170803092018j:plain

白服@白瀬裕大 / めせもあ。 (@shirofuku_nico) | Twitter

f:id:kyora_az:20170803092028j:plain

気まぐれプリンス@水貴智哉/めせもあ。 (@kimapuriHP) | Twitter

を筆頭に、
そもそもアイドルが好きでとった応援の形が『踊ってみた』だった人たち。
どちらもリーダーはカリスマ性があって人を引きつける力があるみたいです。
あと目の大きさは両者全然違う。
多分気まぐれプリンスさんが自信持つくらい違う。
身長はとみたけさんと同じくらい。
そうかだからなんか慣れた感じがあったのか・・・


教育学部だった酒井さんと、教職を持ってるにーちゃんと野崎弁当さん。

f:id:kyora_az:20170803092712j:plain

野崎弁当(めせもあ。/MeseMoa.) (@nozakix) | Twitter


先生というところでいくと、保育士だった気まぐれプリンスさんもかな。
野崎弁当さんは酒井さんみたいなところがあって、
ちょっとこれを見てほしい。(サムネだけで察してもらえる気がする)


野崎弁当が皆さんに見せたい特技があるそうです

 


どーもくんが威風堂々を踊ってみた

 


【野崎弁当】GO!GO!選挙 踊ってみた

私がこの人が1番好きだよと紹介したとき、なかよしのゴスマニさんに
「キョウちゃんがこんな酒井さんみたいな人が好きなんて意外」
と言われたくらい本当に変なユニークでおもしろい人(本当にいつか怒られる)。
あと大食らいも一緒。身長もおなじくらい。
た、体重…違いそう・・同じ昭和生まれなのに・・(この見た目で31歳!)

酒井さんはゲーム好きでライブの待機時間にファンとDSすれちがいしちゃうんだけど、
そこもやっぱりファンと一緒にゲームしちゃう二番煎じさんやにーちゃんがいたり。

f:id:kyora_az:20170803093141j:plain

二番煎じ( ˘ω˘ )ビショヌレッ (@2ban1000ji) | Twitter


Apple信者ぎみなのは白服さんとフォーゲルさんおんなじです。

クリエイターさんはみんなそうなのかな?

f:id:kyora_az:20170803093201j:plain

フォーゲル(めせもあ。) (@forgeru) | Twitter

スイーツやカフェが大好きで、行ってはちょこちょこ教えてくれます。

パンではないけど酒井的視点みたいですよね。

 

英文学部だった安岡さんと、英語教師だったにーちゃん。
二人は声が甘くて、ふんわりした感じと弟感がちょっと似てる。
潔癖なところも似てる。
歌のクセは安岡さんが圧倒的に強いよ 笑。
あと安岡さんはすっごい汗っかきだけど、

野崎弁当さん、フォーゲルさん、気まぐれプリンスさんももそう。

3人ともスプリンクラーです。当然、最前には汗が飛びます。
安岡さんは2曲目には汗で背中に羽が生えてる、と言われてるけど、
彼らは衣装の羽はもちろん、
一時期は腕から滴る汗でマイクが壊れるって理由でリストバンドをしてたメンバーもいるし、
『ライブの袖に用意してあるタオルがバスタオルになった』そう。

その上安岡さんより噛むのが気まぐれプリンスさん。

『コカコーラ』が『カココーラ』に 笑。
身長的には安岡さんとフォーゲルさんあおいくんはほぼ同じ。

f:id:kyora_az:20170803093757j:plain

あおい💧(めせもあ。)@今川碧海🚦 (@nicodance_Aoi) | Twitter

ソロ活動についても、ちょっと重なる。
充電期間のとき、黒沢さんが真っ先に活動したけど、
このときメンバーは普通にお休みしてたし応援してた。
でもゴスはソロで活動しても5人で平等にお給料が入るところ。
だから、「うちの黒沢が」ってスタンス。
最終的にはそこに甘えて活動しないなんてなくて、みんなワーカホリックなんだけど。

一方でMeseMoa.にはあおいくんという最年少18歳の子がいるんだけど、
彼だけ今川碧海くんという本名でのソロ活動をしています。
昨年のジュノンボーイコンテストに出て特別審査員賞を獲得してます。
お芝居や声優のお仕事があって、つい先日まで高校生だったので、
3足のわらじを履いていたけど、絶対ファンには大変って言わない子。
いまは別グループがあってやっぱり3足だけど、本当にがんばる子。
メンバー全員一致の「うちのエース」です。
ちなみにコンテストのときのファンの掛け声は、「ウチノコガイチバーン」でした 笑。

そうそう、三浦大知くん好きなんですって。

黒沢さんいま一緒にお仕事してますね。

 

社長子息の北山さんと、ノックソさん。どちらも家業兼業。

f:id:kyora_az:20170803093847j:plain

ノックソ めせもあ。 (@nokkuso) | Twitter


北さんは株持ってる(た)だけかもしれないけど(昔高額納税番付が見れた)、
北山さんは芽が出るまで「お前、あれ(歌業)はいつ辞めるんだ」と言われながら続けて。
「いつまでやるんだ」じゃなくて
「いつ辞めるんだ」という言い回しがつらかったと後に語っていらしたけど。
MeseMoa.は全員本職になって上京したけど、
ノックソさんだけは家業が辞められないから今でも兼業で大阪から通いアイドル。
あとふたりとも華やかな夜の街のイメージがあるのはなんででしょうね。

 

というわけでとりとめのない記事ではございますが、

いかがでしたでしょうか?

こんな彼らがいま、Mステ出演と武道館での単独コンサートを目指して

がんばっています。

まだメジャーデビューもしていません。

事務所はなく、卒業メンバーが設立した管理会社に所属しているだけです。

それでも中野サンプラザが2回埋まりました。

11万人強のyoutubeチャンネル登録があります。

7500万回の動画再生数があります。

渋谷のビジョンに広告も出してました。

写真集はオリコンウィークリー1位も取りました。

 

ほとんどのメンバーが若くもなく、

ダンス経験者も少なく、歌の経験もないところからがんばっています。

大事なイベントのたびに大災害がぶつかるし、

無理ばかりして体調はいつも心配だけど。

それでも私にとってはいとおしい彼らです。

 

 

もしご興味が出たよって方は、

まずはyoutubeチャンネルなどご覧いただけたら幸いです。

www.youtube.com

 

ちょうど無料イベントなどもありますし、

8/16 フリーライブ ディファ有明

sort.eplus.jp

 

夏の風物詩にも出ます(こちらは有料イベント)!

8/20 2017 神宮外苑花火大会 | 花火とアーティストの響宴!

www.jinguhanabi.com

 

というわけで、紹介でした!!

最後まで読んでいただいた貴方。

本当にありがとうございました。

どうぞ今後ともお手柔らかによろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーエースのお話。

私には私の見てきたもの、感じたものがあって、
それを書くことで、見てくれたあなたが何かを感じてくれたら、
そして直接感じてみたいと思ってくださったらいいなと思って筆をとりました。

 

MeseMoa./めせもあ。(旧むすめん。)のあおいくん。
砂岡事務所所属の今川碧海くん。
トラフィックライト。の今川碧海くん。

 

平均年齢の比較的高そうなグループの中で最年少18歳。

今年高校を卒業しましたね。おめでとうございます。
ダンスが上手で、歌も上手で、話しているとちょっと変わった感じのする子で、
大人びているような、子どもっぽいような、
クールとおちゃめの間をいったりきたりのバランスのおもしろい子、という印象です。
あととってもファン思いなんですよね。これは後述しますが、
いつでもよく見ていて感じていて、気遣ってくれるとってもいい子です。
(子、って言ってますけど、干支1周以上離れてるので許して下さい・・)


私があおいくんを知ったのは、「先生と僕」のあおいくん、でした。
ニコニコ動画の「踊ってみた」カテゴリでは当時まだ少なかった、
本格的にダンス経験者がやる”踊れる”「踊ってみた」ユニット。
その上、当時彼はまだ13,4歳で、

ちょっと年齢より幼く見える外見とのギャップもあって、
大人のK'suke先生との異色のユニット登場に一気に注目が集まりました。

動画や公式イベントなどで目にするに、小さいのにすごいなあーなんて見ていたものです。
ちょっと考えたら中学生そんなに小さくないんですけど、
なぜかキッズ枠のちょっとお兄さん枠、みたいな扱いになっていたような気がします。

 

本格的に見るようになったのは
「morning musumen。」というフリコピユニットが結成されてからでした。
名前の通り、モーニング娘。が好きな男の子たちが集まって、好きな曲を踊る、というユニットです。
ハロ楽曲の踊ってみたで既に有名だった気まぐれプリンスさんもいたので、
女性アイドル楽曲を男性が踊るということにその時点でまったく抵抗はありませんでした。
あおいくんの℃-uteのフリコピ動画を見たのもこの頃だったように思います。(若干時期が前後するかもしれません)

人気作曲者との投稿サイト内コラボレーションのような形でオリジナル楽曲での活動が始まっていきました。

それが「むすめん。(現名:MeseMoa.)」です。

 初の単独公演の会場の最大キャパは480。

大阪でのその公演がきっちり売り切れるほどには既に人気がありました。

 

これはそんな頃のお話。

 2013年。ロックフェスティバル「SUMMER SONIC」のコンテスト

『出れんの!?サマソニ!?』にむすめん。がエントリーし、

見事『2013年枠』として最終ステージに立ちました。

夏の音楽の祭典SUMMER SONICの一般から出場できるコンテストで、
当時は1次審査がネット投票、2次3次最終と審査員の選考によって出場できるかどうかが決まります。
(現在はネット投票は廃止、音源審査となっています。)

当時の審査員総評はこちら。
http://emeets.jp/pc/ss13/pages/comment.html

 

面白いと思った反面、大丈夫かなとも思いました。

ネット投票は、MeseMoa.の強みが最も出る形式です。
実際に1次を1位で通過しました。
基本的にバンドやシンガーソングライターが出るコンテストに、ニコ動からネットアイドルが応募した。
応募しただけで批判が出ました。
プロになる気もない(※当時全員が別に本職を持っていました)、
自分たちで作曲をしているわけでもない、ニコ動から出てくるな、と。
ファンもびっくりでした。
多くの人が思っていました。「彼らは一体何を考えているんだろう?」

 

そのなかで、毎日生放送をして投票を呼び掛けていたのはあおいくんでした。

まだ中学生だったのに、SNSでの宣伝も、投票への呼びかけもとても熱心でした。

あとはファンではわからない2次、3次の審査。

そのあと、2013年枠と言う形で出場が決定したときは、本当によかったと思いました。

そして当日。

あおいくんはステージには立っていません。

その日はK'suke先生と現Chocolate Bomb!のえ~すけ。さんが加わって9人。

 

出れサマの応募資格はプロアマ問わず。ジャンル問わず。
そして、15歳以上であること。
私は当日まで気づきませんでした。
ステージ当日は2013年8月11日。応募時はその数ヶ月前。
1999年生まれのあおいくん。
もし選ばれても出られないことをわかっていて、それでも懸命に呼びかけていたのが彼でした。

 

グループのために。
結成年からずっとこのことをまっすぐ口にしてくれるのがあおいくんです。

JUNONに応募したときも。
トラフィックライト。が決まったときもそうでした。

 

いつも彼の力強い言葉に動かされます。
ウチノコガイチバーンなんてツイートが流行りましたけど、
本当に、ナンバーワンのエースだと思っています。
どこをとっても。

 

ファン層が若いからなのか、

現場にたくさん行けない子にも配慮したコメントをくれますよね。

中野のフリーライブでアンケートをとったとき。

平日は学校があるから、地方は遠いから、だから、

今日は『行かない』んじゃなくて、今日は『行けない』、だよね。

来たいと思っていることをわかってるよ。と言ってくれる子です。

いまは難しくてもつぎの機会のお客さん候補も大事にしてくれています。

地方公演で後ろの座席が埋まらなかったときも。

いつどこでやっても全部埋められるようになるとMCで宣言してくれました。

 

夢や目標を実現させてきた彼だから 信じさせてくれるんです。


リーダー的「あおいくんきゃわたん」というショタ的かわいさ。
努力のダンスパフォーマンスと歌唱力。
少年から青年になる成長を見守る楽しさ。
ここはきっと赤推しの方々が伝えてくださっていると思いますし、
何より動画やステージなどを見ていただくのが一番いいですよね。

 

それから。

俳優さんとしてのご活躍が今後ますます期待されます。

舞台・アニメと出演されたのち、

今期のTBS系ドラマ『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』では本郷奏多さん演じるリョウタの弟サトル役で出演中。

来春公開予定の映画『Sea Opening』への出演も決定していますね。

私の地域ではこのドラマは放映されないので、GYAO!で追っかけ視聴しています。

というか、いままでの放映されたもの全部自分の地域では見られないので、

いろんな方のご助力やお金をメディアに支払って視るようにしています。

見られないものももちろんありますけどね。

映画は地元で見られるといいなあと願っているところです 笑。

今後もたくさんの出演を待ちたいですね。


ついでに。

握手会とか、チェキの撮影会とかいわゆる接触イベントのあおいくん。
わりと古いけど1推しが違う私(おばちゃん)にも優しいですよ。
握手いくと首をコクコクしてくれるの可愛いし(とくに話すことが無い)、
ファンミのハイタッチは指曲げてくるからおばちゃんドキドキするし(みんなにしてるよ)、
チェキ撮りにいくと目を直視されて眩しい(枚数ないからこれといって弾まないけどかわいいからいいの)。

 

 

 

…なんだ結局かわいいんじゃん。
行きましょ。かわいいから。

 

ちょっと掴みどころないし、最近シュールかげんが野崎さんに似てきて変わった子に磨きかかってきたけど個性強くて可愛いからいいの。

 


という取り留めのないところで終わります 苦笑。
最後まで読んで下さったかたありがとうございました。
異論は全面的に認めますがそのときは記憶から消去して石は投げないでください(深々と礼)。

 

 

 

 

 

むすめん。名前変えたってよって聞いたから行ってきた話。

ホールツアーにいかずにブログが書けるか。いや、書けない。(反語。個人観)

ということで、行ってきました。
MeseMoa.ホールツアー2017 ~むすめん。名前変えたってよ~ 愛知公演
日曜日だったので、翌日の仕事の関係等があり、泣く泣く1部後走って帰る安定のコースです。
2部見たかった。。

で、感想は、
ひったすら楽しい。

今回のアルバム曲は完全にステージ向きだと思う。
もしくはMeseMoa.ちゃんはライブアイドルなんだと思う。
セトリ順には書きませんし、書く曲書かない曲ありますが、
ネタばれ完全NGの方は以下注意願います。


Youtubeで100万再生を達成した話題の『Shadow kiss』は、
あのセットが無くても十分にあの退廃的で綺麗な世界観が体感できます。
キッスしてないので(笑)、安心して楽曲とダンスと歌唱が楽しめます。
…いや、王子様キス寸前の気まぐれ弁当はいるけど。
でもこのポージングめちゃ綺麗なんですよ。
けっこう長い時間キープしてるんだけど、二人とも集中しててとても綺麗。
あと、ぷんちゃんのホットリミット(衣装から覗く太もも)白くて綺麗。。
ちなみに逆サイドも何かしてるはずなんですけど、ここを見ているせいであとはわかりません。
それから、この曲のとみたんは必見。ダンスもですが、歌唱がすごい。気合が伝わってくる迫力です。
やっぱあの曲かっこいいわ。

同日投稿の『ラブチア』も生で見るとめっちゃ元気出る。
音源自体にそういう力はあると思うんだけど、倍増する。
あとあおいくん(今川碧海くん)の「好き!」が破壊力抜群。かわいい。本当にかわいい。

それから、『ニバンセンジ』と『今だけは..』はステージで化ける。
二番煎じくんて身長188cmあるんですけど、本当にかわいいさわやかアイドルになってる。
癖のない歌唱と言われていますが、フラットな感じから跳ねる感じが出てきていて
(実際ぴょこぴょこ跳ねてるけど)。
なんだろう、おしゃれカフェのある通りをイヤホンしながら百面相して練り歩くMVつくろ・・?
オフホワイトに太ボーダーのニットとか着せたい。。(センスは無いです)
あなたモデルのお仕事とかやらないんですか(数年前から言ってる)。。
ってこれはただの願望。

『今だけは』『sealing lights』『Black Rose』『曖昧ジゴロ』とユニット曲があって、
それぞれの色が出るわけなのですが、
『今だけは』のりらぶちゃん(二番煎じ、ノックソ、とみたけ)の一体感たるや。
3人の融合してる感じがめちゃめちゃ好き。
『sealing lights』『Black Rose』は、
それぞれユニット構成メンバーの個性がそれぞれ立つ感じがして、それはそれで楽しいのです。
『sealing lights』は、やっぱりにーちゃんが入ってのあのハモは圧巻。
歌って踊れる3人(にーちゃん、あおい、気まぐれプリンス)が
どどんと歌って踊れるアイドル体現って感じがしました。
『Black Rose』は、野崎弁当さんしか見てないんで、ちょっと待ってほしい・・。
あのステージの推しのすべてが好きすぎて推し以外全然注目できてないから・・・。
とにかく好き。。。
『曖昧ジゴロ』もちょっと待ってほしい・・。楽曲が好きというのもあるんだけど、
野崎さん(歌割は無い)ととみたん交互に見るのに忙しかったからちょっと待って・・。
かっこよすぎか。。


だんだん気持ち悪くなってきたんで休憩しましょう 笑。

応援合戦は3パターンあるみたいですが。
3パターン見るために予定外の手売り行ったくらい全部見たい全部。
イルミィボール思ってたより小さかったです。中くらいのスーパーボールって感じ。
各曲の名前の書かれたかごを持って客席にボール集めにきてくれるメンバーが、
各オリジナルキャラクターの耳とか尻尾とか着けてケモ化してるんですけど、
それが可愛くて仕方ない。
あと、1人1曲じゃないので、推しが出てた曲だけど集めるのは推しじゃないとかもありまして、
今回は私はそのパターンで違うメンバーのかごに入れました。

あとね、やっぱり最バケとうぉーくら楽しいね。
あと、ぜっちゃんの歌割を誰がやってるかというのがわかってきて、
ZENBUとか、うぉーくらとかね、ああ、MeseMoa.バージョンはこれなんやね、って
ちょっと胸をざわつかせて見ていました。
そうか、ZENBUは白さんから始まるのか。うぉーくらで吹き飛ばすのはとみたんなんだなあ。って。

あと、茶推し的にびっくりしたこと。
野崎さんへのコールが「べんとす」と「のざき」が混ざってきてる。
普段あんまり「べんとす」って呼ばないせいだと思うんだけど、これはびっくり。
私はやっぱりコールのときは「べんとす」がいいなあ、って思うので、
これからもつとめて大きな声で呼びたいと思います。
わりとメンバーによって揃ってたり揃ってなかったりあって。煎じくんもパターンあるよね。
にばんくん、せんじくん、せんじ、ばんばん、せんちゃん(昨日後ろの方のかたがそうだった)、とか聞こえてきますね。

 

そうそう、にーちゃんがお休みしていた間のステージを私は見ていなかったけれど、

戻っても制限はあるんだけど、それでも、みんな揃ってると嬉しいね。

「何度ただいまって言うつもりだって思ってると思うんですけどー」みたいなことをMCで言ってたけれど、

おかえりが言えることが幸せだって知ってるから、気にせず治療に取り組んでもらえたらいいなって思っています。


しかしめちゃ楽しかったなあ。

ツアー中にいつも進化するMeseMoa.ちゃんなので、これは後半戦も楽しくなりそう。